ナイトブラを徹底比較|効果的で安いおすすめナイトブラ

ナイトブラ人気ランキング!おすすめの効果

【ナイトブラ/産後】産前・産後・授乳中のバストケアにナイトブラ

更新日:

ナイトブラ 産後 (6ヶ月)

[ナイトブラ/産後]産前・産後・授乳中にバストケアが必要な3つのポイント

3つのポイント 使い方

人気のナイトブラはこちら

ナイトブラの効果1:血行促進でホルモンバランスが整う

機能性の高いナイトブラは、しめ付け過ぎず適度な着圧感があることで、バスト全体を温めてくれます。

そうすると、バストの血流が改善されて、血行促進が期待できます。

産前・産後はホルモンバランスが乱れやすくて、体の不調が起きやすい時期ですよね。

ナイトブラで血行が促進されれば、ホルモンバランスが整いやすくなりますよ。

産前:ナイトブラの効果

妊娠中は母乳育児の準備期間です。
母乳は血液でできているので、血行促進することはとても大切です。

産後に母乳の出を良くするためにも、ナイトブラでケアしましょう。

産後:ナイトブラの効果

産後うつはホルモンバランスの乱れが原因で起こります。

ただでさえ慣れない育児で忙しいのに、産後うつになってしまったら大変ですよね。

ナイトブラでホルモンバランスが整えば、「イライラする・憂鬱になる・疲れやすい・涙が出る・不安定な気持ちになる・食欲不振・不眠」などの症状を軽減することができますよ。

授乳中:ナイトブラ効果

授乳中はナイトブラでバストの血行促進することで、母乳の出が良くなります。

また、血行が悪くなると、乳腺炎を起こす可能性があります。

母乳が出が悪かったり、痛みがある乳腺炎になったりすると辛いですよね。

ナイトブラで血行を促進してあげることで、乳線炎を予防することもできますよ。

ナイトブラの効果2:垂れ乳を防いでバストアップ

ナイトブラは、産前・産後の垂れ乳を防ぐことができます。

産前はバストが大きくなり、バストが垂れやすい時期です。

また、産後は授乳のたびに赤ちゃんにおっぱいを引っ張られるので、垂れやすくなります。

ただ、体調が不安定だったり、忙しかったりする産前・産後は、手間のかかるバストケアはできないですよね。ナイトブラでのバストケアは、着けるだけなので手軽です。

ナイトブラでしっかりバストを支えて、垂れ乳を予防すれば、卒乳後にバストアップしやすくなりますよ。

産前のナイトブラ効果

妊娠中は、女性ホルモンの作用で乳腺が発達して、バストが大きくなりハリが出る時期です。

この時期は、急激な体型の変化やつわりなどにより、サイズの合ったブラがつけられない人が多くバストの形が崩れやすいんです。

バストを支えているのは、クーパー靱帯という組織です。

クーパー靱帯

バストが大きくなると寝ている間の揺れで、クーパー靱帯に負荷がかかり、垂れやすくなります。

ナイトブラで垂れ乳を予防しましょう。ただし、バストが大きくなってきたらパッドを外したりして調節しましょう。

産後のナイトブラ効果

産後は、体重の減少や授乳などによりバストのボリュームが減りやすい時期です。

母乳育児や日々の忙しさで妊娠前よりも痩せてしまう人がたくさんいます。バストは9割脂肪でできているので、痩せたときはバストも小さくなってしまうんです。

卒乳後にバストが小さくなってしまうと悲しいですよね。

ナイトブラはバストアップ効果もあるので、バストが小さくなるのを防ぐことができますよ。

授乳中のナイトブラ効果

授乳中はバストサイズが大きくなるためナイトブラをつけないと垂れ乳・離れ乳になる可能性があります。

また、授乳中は常に赤ちゃんにおっぱいを引っ張られます。赤ちゃんは大きくなるごとにどんどん吸う力も強くなります。

そのため、寝ている時以外にもクーパー靱帯に負荷がかかっています。

授乳ブラはバストのホールド感が弱いので、クーパー靱帯をしっかり守ることができません。

卒乳後に垂れたりしぼんだりしないようにするにはナイトブラでのケアがおすすめですよ。

ナイトブラの効果3:肩こりや頭痛などの不快症状が改善する

産前・産後にホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランスも乱れます。

そうすると、肩こり・頭痛など様々な不快症状が表れやすくなります。

ナイトブラで血行促進してホルモンバランスを改善すれば、不快症状も改善しやすくなりますよ。

産前のナイトブラ効果

妊娠中はホルモンバランスの乱れから自律神経症状を起こしやすいです。

妊娠中は、特に、食欲不振・めまい・不眠・ウツっぽくなるなどの症状が出やすいと言われています。

ただでさえ、つわりがあるのに、さらに不快症状がでたら辛いですよね。

ナイトブラにより血行促進されればホルモンバランスが改善し、不快症状が緩和されますよ。

産後のナイトブラ効果

出産と同時に女性ホルモンの量は激減します。そのため、産後は急激なホルモンバランスの変化により体調不良を起こしやすいんです。

また出産や育児による疲れや寝不足が続く人が多く、自律神経症状が起きやすい時期です。

特に、出産直後はまだ母体も回復していないので、できるだけ不快症状は避けたいですよね。

産後もナイトブラをつけることでホルモンバランスが改善されますし、着心地のいいナイトブラは快適に睡眠できるので、不快症状が緩和されますよ。

授乳中のナイトブラ効果

授乳中は、バストの血流が急激に増えるためバストに重みがあり肩が凝りやすいです。

そのため、肩こりからの頭痛や吐き気など自律神経症状を起こしやすいんです。

さらに、夜中も頻繁に赤ちゃんにおっぱいをあげるので、ママは常に寝不足になりますよね。

着心地のいいナイトブラでホルモンバランスを改善し、不快症状を緩和しましょう。

産前・産後・授乳中におすすめのナイトブラ

Viageナイトブラ は産前・産後・授乳中におすすめのナイトブラです。

伸縮性が高くぴったりフィットするので、着心地・寝心地がいいですよ。

また、3D補正・着圧感のある生地でバストをしっかりホールドしてくれるので、産後の垂れ乳も防止してくれます。

関連ページ:【ナイトブラ人気ランキング】効果で選ぶブラ

Viageナイトブラ公式サイトはこちら

【ナイトブラ/産後】産前・産後・授乳中はナイトブラの副作用に注意

ナイトブラ 産後 (3)

産前・産後・授乳中の敏感な時期にしめつけの強いナイトブラを使うと副作用があります。

ナイトブラが逆効果にならないためには、正しいナイトブラ選びが大切です。

そこで、きつめのナイトブラをつけたときの副作用やナイトブラのサイズ選びの注意点を紹介します。

ナイトブラのサイズ選び1:産前の注意点

妊娠中はバストのサイズが2カップ程度も大きくなります!

ナイトブラを選ぶときは、カップの大きさが調節できるものにしましょう。

パッドを取り外しできるものや、多少のサイズアップにも対応できる伸縮性の良い生地のナイトブラがおすすめですよ。

妊娠中のバストの大きさの変化
妊娠3ヵ月 2/3カップ以上ボリュームアップ
妊娠5ヵ月 1カップ以上ボリュームアップ
妊娠7ヵ月 2カップ弱ボリュームアップ
臨月 2カップ程度ボリュームアップ

ナイトブラのサイズ選び2:産後の注意点

産後すぐはバストが2カップ以上ボリュームアップしています。

バストが大きくなってナイトブラが苦しいと感じたら、ゆったりサイズのものを使うのがおすすめです。

バストは徐々に小さくなって、産後1年で元のサイズに戻ります。ただ、このとき産後の母乳育児や疲れなどで痩せてしまうと、元のサイズよりさらに小さくなることもあります。

そのときは、バストの変化を見ながらパッドを入れたり、元のサイズのナイトブラに変えたりしましょう。

産後のバストの大きさの変化
産後1ヵ月 2カップ以上ボリュームアップ
産後3ヵ月 1.5カップ程度ボリュームアップ
産後6ヵ月 1/2カップボリュームアップ
産後1年 元のサイズ

ナイトブラのサイズ選び3:授乳中の注意点

授乳前は胸が張りますよね。これは母乳を作るために乳腺が活発に働いているからなんです。
そのため、授乳前は毎回バストのサイズが少し大きくなります。

伸縮性の良いナイトブラなら、サイズの変化にも対応できますよ。

また、母乳育児では、ブラに母乳パッドをつける人が多いですよね。

母乳パッドをつけるときは、ナイトブラのパッドを外してからつけると胸がつぶれずに着ることができますよ。

きつめのナイトブラの特徴1:背中の痛みがある

きつめのナイトブラをつけると、背中の痛みが出ることがあります。

背中が痛くなってしまったら、なかなか寝れないですよね。

そこで、背中の痛みの原因と傷みが出ないナイトブラの選び方について紹介します。

サイズが合っていない

背中の痛みがあるときはサイズが合っていないブラをしている可能性があります。

ナイトブラは背中部分に適度な着圧感があって、バストの方へむだなお肉を集めてくれます。

このとき、小さいナイトブラをしていると、圧迫され過ぎて背中の痛みを感じてしまうことがあるのです。

背中の筋肉痛

姿勢が悪く猫背の人がナイトブラをつけると筋肉痛で背中の傷みを感じることがあります。

ナイトブラは、肩甲骨を開いて姿勢を良くしてくれる効果もあるからです。

筋肉痛はしばらくしたら収まるので、普段から姿勢を良くすることを心掛けましょう。

背中の傷みが出ないブラ選びのポイント

背中の痛みが出ないナイトブラは、「サイズ展開の豊富な、伸縮性の良いブラ」です。

伸びの悪い生地だと、しめつけによって背中が痛くなることがあるので、産前・産後にはおすすめできません。

でも、伸縮性の良いブラは、ほどよく背中をしめつけて、ぴったりフィットしてくれますよ。

きつめのナイトブラの特徴2:胸がつぶれる

きつめのナイトブラをつけると、胸がつぶれて苦しくなることがあります。

ブラで胸がつぶれると、バストの形が悪くなりそうだし、何より苦しいですよね。

そこで、胸がつぶれてしまう理由とつぶれないブラ選びのポイントを紹介します。

胸がつぶれる理由

胸がつぶれるのはサイズが合っていない可能性があります。

ナイトブラにはスポブラタイプでサイズ展開が少ないものがあるんです。

このタイプのブラでサイズが合っていないものをつけると、胸が押しつぶされたような感じになります。

そのため、1サイズしかないスポブラタイプのナイトブラはおすすめできません。

胸がつぶれないブラ選びのポイント

ナイトブラは生地が良く伸びて、パッドで胸の形をきれいに整えてくれるもの」がおすすめです。

スポブラタイプはカップ部分が小さくて、胸がつぶれるんです。

カップ部分が胸高設計で、下側に厚みのあるパッドなら、バストを高い位置で固定してくれますよ。

ナイトブラの欠点:小さめのナイトブラで病気になる可能性がある

小さめのしめつけの強いナイトブラをつけると頭痛・吐き気などの症状が出る場合があります。

ただでさえ、体調が不安定な産前・産後に、ナイトブラのせいでさらに不快症状が出たら使えないですよね。

そこで、サイズの合ったナイトブラのメリット小さめのナイトブラのデメリットについて紹介します。

ナイトブラの弊害:乳がんのリスク

1995年に「ブラを24時間つけると、まったくつけていない人に比べて乳がんのリスクが125倍も大きい」という研究結果が発表されました。
これは2011年放送の「ホンマでっか!?TV」でも取り上げられていて、日本でも反響がありました。

この研究報告をした米国のシドニー・シンガー&ソマ・グリスメイジャー夫妻は「リンパ管の締め付けによって老廃物がうまく排出されずに発がん物質が作られるのではないか」という仮説を立てています。

でも、このあと2014年にアメリカの別の研究グループが「1日にブラジャーを着用する時間と乳がんの発症との関連はない」という研究結果を米医学誌に報告しています。

長時間のブラ着用と乳がんの関連性については、乳がんになりやすいというグループとそうでないというグループがあり賛否が分かれていて、明確な結論は出ていません。

ただし、乳がんのリスクが高いとする報告は、しめつけの強いブラを「12時間以上つけた場合」の話です。

そのため、ナイトブラを選ぶ時は、ワイヤーがなく、しめ付け過ぎない伸縮性の高いものを選びましょう。

ナイトブラのメリット

サイズの合ったナイトブラをつけると、血流が良くなったり、バストアップ効果が期待できます。

ナイトブラのメリットについて詳しく紹介します。

温めることによりリンパ管の流れが良くなる

ナイトブラでバスト全体が温まることにより、血行促進だけでなく、リンパの流れも良くなります。

形がきれいで豊かなバストを保つには全身の血液、そしてリンパ液の巡りを改善する必要があります。

リンパの流れが悪くなると、老廃物がたまり毒素の排出がうまく行われません。そうすると、バストのハリも失われてしまうのです。

脇のリンパはバストに近い位置があるのでバストアップにもより影響を与えます。

スムーズにリンパ液が循環すると、お肌に潤いがキープされ、バストの形も美しくなりますよ。

クーパー靭帯の伸びを予防してバストアップ

サイズが合ったナイトブラをつけると、バストを支えているクーパー靱帯が伸びたり傷んだりするのを予防できます。

ナイトブラはバストをしっかり支えた上で、周りのお肉をバストに集めて固定してくれるので、バストアップ効果が期待できますよ。

ナイトブラのデメリット

サイズや素材が合っていないナイトブラをつけると、血行不良になったり、寝心地が悪くなったりするという弊害があります。

合わないナイトブラをつけたときのデメリットを詳しく紹介します。

血行不良による肩こり・頭痛・吐き気

サイズの合わないナイトブラで胸を圧迫しすぎると、血行が悪くなります。

血行が悪くなると、さまざまな不調があらわれると言われています。吐き気、頭痛、肩こり、冷えなどです。

また、バストに必要な栄養が届けられないので、バストの成長を妨げてしまいます。

寝心地が悪くなる

肌に合わない素材のナイトブラをつけると寝心地が悪くなります。

特に、産前・産後はホルモンバランスの変化でお肌がカサカサしたり、ニキビや吹き出物が増えやすい時期です。

肌に合わないナイトブラは、かゆくなったり、寝付きにくくなったりするので、素材選びにも気をつけましょう。

生理中にナイトブラをつける時の注意点

生理前・生理中は女性ホルモンの影響でバストのサイズが変化しやすい時期です。

また、不快症状も出やすい時期なので、この時期に着けるナイトブラの注意点について紹介します。

生理前の胸が張っている時の注意点

排卵後にはプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。これが乳腺に働きかけて、胸が張るのです。
プロゲステロンは排卵後7日ごろにピークを迎えて徐々に分泌が減少します。

乳腺はその数日後にむくみのピークを迎えるので、生理前に胸が張ったり、胸の痛みを感じる人もいます。
引用:ワコールボディーブック

この時期にしめつけの強いナイトブラを無理につけると苦しくなります。
生理前は、PMS症状など不快症状が起きやすい時期なのでナイトブラを無理につけなくてもいいですよ。

生理中はバストサイズに変化があるため無理につけない

生理中もホルモンバランスの変化により、バストサイズがアップします。

生理前から続く胸の張りや痛みがあるなら、寝ている間は無理にナイトブラをつける必要はありません。

逆に昼間は、ワイヤーつきの昼用ブラよりもワイヤーなしナイトブラの方が快適に過ごせますよ。

伸縮性の高いしめつけすぎないナイトブラがおすすめです。

副作用のない効果的なナイトブラ

Viageナイトブラ はしめつけ過ぎないナイトブラです。

伸縮性が高い生地で、きつくないのにぴったりフィットするので、副作用の心配がありません。

3D補正でバストをしっかりホールドしてくれるので、バストアップ効果が期待できますよ。

Viageナイトブラ公式サイトはこちら

【ナイトブラ/産後】毎日つければ垂れ乳にも効果的!卒乳後のバストアップに最適

ナイトブラ 人物 (3)

ナイトブラは、毎日つけることで、垂れ乳予防や卒乳後のバストアップ効果を期待できます。

ナイトブラは授乳ブラに比べてバストのホールド力が高いので、昼間もナイトブラをつけたほうが効果的ですよ。

効果的なナイトブラの使い方1:寝るときは毎日つける

ナイトブラは寝るときは、毎日つけましょう。

ナイトブラはむだなお肉を集めて、バストに固定することでバストアップします。

そのため、毎日つけて、少しずつお肉を集めてあげることが大切です。

産前の効果的なナイトブラの使い方

妊娠中はバストが徐々に大きくなるので、クーパー靱帯をしっかり支えてくれるものを選びましょう。
アンダーバストが幅広なものがおすすめです。

また、妊娠中はつわりなどで体調が悪くなりやすい時期なので、ストラップ・ワイヤー・ホックのない、伸縮性の高い快適な着心地のナイトブラがおすすめです。

産後・卒乳後の効果的なナイトブラの使い方

産後は乳腺脂肪が徐々に減り、卒乳後は乳腺の働きが小さくなるので、バストが小さくなりやすい時期です。

卒乳後にバストが垂れて、しぼんでしまったら悲しいですよね。

卒乳後にバストアップできるよう毎日ナイトブラでケアしましょう。

また、妊娠中・産後のバストの大きさの変化にも対応できるように、多少バストサイズが変わってもフィットする伸縮性の良いもの、パッドの付け外しができるナイトブラを選びましょう。

授乳中の効果的なナイトブラの使い方

授乳中は「授乳しやすいタイプのナイトブラ」を選びましょう。

いくら機能性が高くても授乳しにくいブラは、継続できないですよね。

ワイヤーがあると 母乳を作る乳腺を傷つけるのでワイヤーなしのものがおすすめです。

ホックなしのスポブラタイプのナイトブラだと下からめくって簡単に授乳できますよ。

効果的なナイトブラの使い方2:昼間もOKのナイトブラを使う

ナイトブラには種類があって、昼間もOKなものとNGなものがあります。

昼間もOKなナイトブラは、通常ブラに比べてワイヤーもなく着心地良くつけられます。

そのため、体調が不安定な産前・産後でも、一日中つけられますよ。

昼間も兼用できるナイトブラ:ホールド力が高いものを選ぼう

昼間も使えるナイトブラは、バストのホールド力が高いブラです。

背中・脇・アンダーバストに適度な着圧感があって、バストに集めたお肉が流れないようになっています。

昼間も使える補正力の高いナイトブラは、卒乳後のバストアップ効果も期待できますよ。

昼間も兼用できるナイトブラ:卒乳後の垂れ乳にも効果的

昼間も使えるナイトブラなら卒乳後にバストが垂れるのを防ぐこともできます。

授乳中は赤ちゃんにおっぱいを引っ張られるので、バストを支えるクーパー靱帯が伸びる可能性があります。

昼間も夜もナイトブラでクーパー靱帯を守ってあげれば、垂れ乳を予防できますよ。

ナイトブラの血行促進効果

ナイトブラでバストを温めて血行促進すれば、血液からできている母乳作りにも役立ちます。

産前から、母乳の準備は始まっているので、産前・産後のケアが大切です。

産前は血行促進で母乳育児の準備を!

産前は母乳の準備期間です。

妊娠中から、初乳のような黄色いドロッとした分泌液が出ることがあります。それは、乳管が開通した証拠です。

産前からナイトブラで血行促進して、出産後すぐに母乳をあげられるよう準備しましょう。

産後は血行促進でバストアップを!

産後にナイトブラで血行を促進していれば、卒乳後でもバストアップ効果が期待できます。

血流が悪いと、せっかく栄養があるものを食べていていも、きちんとバストに届けられずにバストのハリがなくなってしまいます。

血行を促進すると、バストに栄養がたくさん届くので、バストアップにつながりますよ。

授乳中は血行促進で質の良い母乳を!

母乳は血液からできています。

毛細血管から乳腺に血液を取り込み「母乳」となるのです。

赤ちゃんが乳首を吸ったり、搾乳することによって、オキシトシンというホルモンの分泌が増加します。
オキシトシンが分泌されると、母乳は乳腺の乳管を通り、乳頭から出てくるのです。

そのため、血行が悪いと、赤ちゃんが吸ってもうまく母乳を作れないことがあります。

赤ちゃんがしっかり母乳を飲めるように、ナイトブラで血行を促進して質の良い母乳を作りましょう。

産前・産後に毎日24時間着けられる着心地のいいナイトブラ

ナイトブラ リニューアル

Viageナイトブラ は昼間も着けられます。

産前・産後の体調が悪いときでも伸縮性の良い生地でぴったりフィットするので、一日中快適につけることができますよ。

Viageナイトブラはワイヤー・ホック・ストラップなしなので、下からめくって簡単に授乳できますよ。

Viageナイトブラ公式サイトはこちら

[ナイトブラ/産後]産前・産後は敏感肌に注意!着け心地の良いブラを選ぼう

日中ナイトブラ

産前・産後はホルモンバランスが変化する影響で肌が敏感になりやすい時期です。

ふだんは肌が強い人でも、ニキビが増えたり、肌荒れしたりすることもあります。

密着するナイトブラは、肌に合う優しい素材のものを選びましょう。

着け心地の良いナイトブラ1:綿の素材を使用している

敏感肌になったら、綿(コットン)の素材を使用しているナイトブラがおすすめです。

綿素材は肌触りがなめらかで、汗をよく吸います。

ただし、綿100%のナイトブラはバストアップ効果がないので注意が必要です!
綿100%だと、ブラに伸縮性がほとんどないので、集めたお肉をバストでしっかりホールドできないんです。

肌に優しい素材でも、バストアップ効果がなかったら意味ないですよね。

そのため、一部綿素材のナイトブラがおすすめですよ。

着け心地の良いナイトブラ2:伸縮性のある素材を使用している

伸縮性のある素材を使用しているナイトブラは、着け心地・寝心地がいいです。

ナイロンやポリウレタンを使用しているナイトブラは、伸縮性があってシワもできにくいのですよ。

そのため、ナイトブラは一部綿素材で、伸縮性の良いナイロンやポリウレタンが入っているものがおすすめです。

ナイロン ポリウレタン 綿
伸縮性の良い生地
特徴 摩擦や折り曲げに強い
弾力性に富み、シワになりにくい
伸縮性がある
温度や湿度が急に変化しても素材は安定している
汗を吸う
肌触りなめらか

伸縮性のあるナイトブラなら寝苦しさなしで快眠!

伸縮性のあるナイトブラなら、産前・産後の体調が安定しないときでもブラによる寝苦しさがなく快眠できます。

寝つきが悪い・よく眠れないナイトブラは、継続して使えないですよね。

特に、授乳中は胸が張りやすくバストのサイズが変わりやすい時期なので、ブラのサイズが合わなくなることがあります。

ブラに伸縮性があれば、バストの大きさの変化にも対応できますよ。

伸縮性のあるナイトブラなら寝返りしてもしっかりフィット

伸縮性のあるナイトブラなら寝返りしてもバストにしっかりフィットしてくれます。

寝返りは一日平均20回以上もするので、フィット感のないブラはずれやすいんです。

そのため、横向きになってもずれにくい伸縮性の良いナイトブラがおすすめですよ。

着け心地の良いナイトブラ3:通気性の良い素材を使用している

ナイトブラは肌に密着しているので、背中ニキビやかゆみの原因になることがあります。

蒸れを防止できる通気性の良い素材のナイトブラを選びましょう。

着心地の良い素材で背中ニキビを予防

背中は、皮脂や汗の分泌が多く、皮膚の角質層が厚いパーツです。

しかも、蒸れやすいため、ニキビが発生しやすいのです。

そのため、吸湿性、発汗性の良い素材のナイトブラを選んで背中ニキビを予防しましょう。

夏用のナイトブラは通気性の良いものを選ぼう

夏は特に汗をかきやすい時期です。

密着しているナイトブラは、特に、脇や背中部分に汗がたまりやすいです。

そのため、夏用ナイトブラは通気性の良い素材のナイトブラを選びましょう。綿素材のものがおすすめですよ。

着け心地の良いナイトブラ4:縫い目のない設計

敏感肌の時期は、縫い目のない設計のナイトブラを選びましょう。

縫い目があると、そこに汗がたまりやすくなったりして、かゆみの原因になります。

また、チクチクしないように洗濯のタグが刺繍になっているものもおすすめですよ。

Viageナイトブラは一部綿素材で縫い目のないナイトブラ

Viageナイトブラ は汗をよくかく脇部分が綿100%で、その他の部分が伸縮性の良いナイロン・ポリウレタンでできています。

縫い目もなく、洗濯のタグは刺繍されているので、チクチクしません。

産前・産後の敏感な肌でも使いやすいですよ。

Viageナイトブラ公式サイトはこちら

[ナイトブラ/産後]産前・産後・授乳中のナイトブラの選び方

viage(11)

産前・産後はバストの大きさが変わりやすく、体調も崩しやすい時期です。

この時期にはバストのホールド力が高く、伸縮性が高く、授乳しやすいナイトブラを選びましょう。

妊娠中は伸縮性の高いナイトブラを選ぼう

妊娠中はバストのサイズが大きく変化します。

また、最も体調を崩しやすい時期でもあるので、無理なく毎日着れるナイトブラがおすすめです。

着心地・寝心地のいい、バストのサイズの変化にも対応できる伸縮性の高いナイトブラを選びましょう。

産後はホールド力の高いナイトブラを選ぼう

産後はバストが垂れたり、しぼんだりしやすい時期です。

バストのハリを生み出す女性ホルモンは減ってしまい、乳腺の働きも徐々に弱くなります。

卒乳後にバストアップするためにも、クーパー靱帯をしっかり支えられて、バストのホールド力が高いナイトブラを選びましょう。

授乳中は授乳しやすい設計のナイトブラを選ぼう

産後は毎日何度も授乳します。

授乳しやすい設計のナイトブラを選びましょう。

ワイヤーやホックがない伸縮性の高いナイトブラなら、下からめくって簡単に授乳することができますよ。

ナイトブラと授乳ブラの違いについて

市販の授乳ブラは、着心地と授乳しやすさのみを追求して作られているので、ナイトブラに比べてバストのホールド力が小さいんです。

そのため、授乳ブラには垂れ乳予防やバストアップ機能がありません。

卒乳後もきれいなバストの形を保ちたいなら、ナイトブラの方がおすすめですよ。

妊娠中・授乳中におすすめのナイトブラ

Viageナイトブラは、妊娠中・授乳中でも使いやすいです。

取り外し可能なパッド」・「伸縮性が高く快適に寝られる生地」・「24時間着用できる」・「下から授乳できる」と産前・産後におすすめのポイントがたくさんあります。

さらに、Viageナイトブラは、3D補正でバストをしっかりホールドしてくれるので、卒乳後のバストアップ効果も期待できますよ。

Viageナイトブラ公式サイトはこちら

-サイトマップ

Copyright© ナイトブラ人気ランキング!おすすめの効果 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.